株式会社サンエーは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

接続可能な開発目標

【SDGsとは】

2015年9月に国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発目標」のことである。30年までに達成を目指しており、その内容は「地球上の誰一人として取り残さない」をスローガンに、「貧困をなくそう」「飢餓をゼロに」「すべての人に健康と福祉を」など17分野に渡る。

【SDGsへの取り組み】

株式会社サンエーは、以下の6項目に関する取り組みを、積極的に行っております。

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

サンエーでは太陽光発電システムや蓄電池など、「いまできる」ことを地球環境とみなさまの未来へ繋ぐべく、さまざまな取り組みを行っております。

11.住み続けられるまちづくりを

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

若者向け新築住宅を展開することで、「マイホームに住む」という幸せと責任を多くの方に抱いていただき、安全かつ良好な環境のまちづくりを目指していきます。

8.働きがいも経済成長も

8.働きがいも経済成長も

積極的に若者雇用に取り組み、就労、就学及び職業訓練のいずれも行っていない若者の割合を減らすことに貢献します。また企業として事業を拡大していくことで、日本の経済成長を支援していきます。

12.つくる責任 つかう責任

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

太陽光発電により電気を生産していくとともに、そのエネルギーを節電して使用していくことで、持続可能な消費・生産形態の定着化に貢献していきます。

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

日々進歩するIOT業界において、住宅業界では浸透が遅れているため、シンプルで確実な住宅のIOTを世の中に普及させることで、技術競争を高めてすべての人が身近で便利な物として使える環境と基盤作りに貢献します。

13.気候変動に具体的な対策を

13.気候変動に具体的な対策を

エネルギーにおいて、無駄のない有効利用の推進を図るため、積極的に省エネルギー技術の普及を行っていきます。さらに、二酸化炭素排出の抑制も同時に 図り、地球温暖化の進行を妨げるよう努力していきます。

ページトップ