サンエーの社会への取り組み

わたしたちに出来ることがあるから

企業としての社会的責任を果たすことも、サンエーは重要と考えております。社員一丸となり取り組んだ弊社の活動につき、ご紹介させていただきます。

~ 新型コロナウイルス拡大防止に向けた「次亜塩素酸水」の無償配布活動 ~

株式会社サンエーでは、新型コロナウイルスの逸早い終息を願い、「次亜塩素酸水」の生成機を3台ご用意し、2020年4月10日から「次亜塩素酸水」を無償配布活動を実施しております。日本社会が一日も早く、日常を取り戻せることを願っての活動です。
配布開始後の最初の休日では、2日間で約4000人の方に配布することができました。

また、弊社の本社所在地である神奈川県横須賀市とパートナーシップを組み、より多くの方に配布することができるよう、市のホームページで無償配布の告知を行っていただく等、横須賀市と連携して 活動を進めております。
千葉支店では、地元のアイドルグループ 「C-Style」とパートナーシップを組み、C-Styleオリジナル次亜塩素酸水スプレーを配布する等、配布活動を積極的に行っております。

無償配布活動イメージ_1
無償配布活動イメージ_2
無償配布活動イメージ_3
無償配布活動イメージ_4

活動を行う中で、多くの皆さまから感謝のお気持ちをいただき、弊社といたしましても大変有難く、そして感慨深い想いを噛みしめております。

多くの皆さまから感謝のお気持ち_1
多くの皆さまから感謝のお気持ち_2

~ 「2019年発生の台風15号」での停電被害への支援活動 ~

2019年9月に発生した「台風15号」の被害により、停電戸数は最大93万戸に達し、関東地方における台風被害としては過去最大級となりました。千葉県君津市にある弊社の千葉支店におきましても、停電の状態が続きましたが、水不足でお困りの皆さまに逸早く「天然水の支給活動」を実施させていただきました。

また、停電の復旧が早かった【港南台モデルハウス】を、電気不足や暑さ対策として開放し、多くの皆さまに電力の補充やシャワーの使用を自由に行っていただきました。

天然水の支給活動
港南台モデルハウス

さらに、サンエーが施工させていただきました発電所から、お客様のご協力のもと、電気を開放致しました。これにより、発電所の近隣にお住みの皆さまに非常用電源としてご利用していただくことができ、地域の皆さまへ貢献することができました。

発電所

活動については、フジテレビ朝番組「とくダネ」でご紹介いただいた他、太陽光発電や蓄電池、省エネルギー設備などの情報発信サイトである『スマエネ放送』からも取材を受けるに至りました。

~ 「東日本大震災」での被災地支援活動 ~

2011年3月11日に発生した「東日本大震災」では、サンエーは民間企業では震災後初めての「緊急指定災害支援車両」の申請を行い、公布を受けて、震災発生後わずか6日目で現地に向かいました。 現地では電気設備や太陽光発電の知識・技術を最大限に活かし、ソーラーパネルから蓄電池へ充電、夜間照明などへ供給するシステムを設計、設置致しました。
また、LED照明にてライフラインが復旧していない地域に明かりを灯しました。

  • 設置個所・・・石巻市「石巻専修大学ボランティアセンター」
  • 気仙沼市「階上中学校」設置内容・・・太陽光発電システム、蓄電池、LED照明
img_csr01

『社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会』の会長より感謝状をいただく運びとなりました。

img_csr02
ページトップ